巻物

コスメ女子のひとりごと

ホーム >> 女性の多くは加齢が進むと角質によ

女性の多くは加齢が進むと角質によ

女性の多くは加齢が進むと角質によるお肌のごわつきやシミが気になりだすものです。

こういったことは自然に起こりうるものですが、見た目からのイメージとしては良いとは言い難いでしょう。
とはいっても、お肌のお手入れをしっかりすれば良い方向へと向かう可能性は十分にあります。毎日のスキンケアを手を抜くことなく継続し、印象の若い美しい肌を再び手に入れたいですね。

最近、自身の毛穴の黒ずみの対策として、洗顔クレンジングを変えてみました。


地中海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)の泥が入ったというクレンジングで、これを使って優しくマッサージするように洗うと、毛穴の気になる汚れがしっかり落ちるようです。持続して使っているうちに、目立っていた黒ずみが気にならなくなってきました。

なので、なるべく早くすべての毛穴の黒ずみを消してしまいたいと思います。


お肌にシミができてしまうと、いいものではありませんよね。

毎日のスキンケアとして、高濃度プラセンタ美容液を利用しています。洗顔後のきれいなお肌にしっかりと染み込ませてから、他のスキンケア用品を使います。

プラセンタ美容液にお世話になり始めてからというもの、肌の透明感が増して、頑固なシミも徐々に消えてきました。
アラフォーでも一番若い36歳を過ぎたころからでしょうか。
老けてみえる人が増えてきます。

個人差はありますが、だいたいそのくらいになると体の衰えに伴い肌がくすんできて、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが客観的にもわかるようになってきます。

それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、きちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。でもアラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思う事も多いのです。抜本的な解決策が必要ですよね。
脂っぽい肌の場合、潤いたっぷりな肌質に見えますが、実は水分が十分ではない状態、という場合がたくさんあります。肌の表面にカサツキが見られないのは、テカテカな肌は皮脂の分泌が活発におこなわれている状況なので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。


しかし、この皮脂が肌トラブルの原因になりますから、洗顔をすることで、余分な分を洗い流すことが大事です。

例えば、オキシドールを肌のしみ取りに活用するという話を耳にしたことがあるのですが、傷口を消毒するためのオキシドールです。健康なはずの傷のない肌に用いるのはまあまあ負担がかかるはずです。オキシドールを使用する事で髪の毛のブリーチをした人もおられるかと思いますが、これは髪のダメージを深刻化させます。

肌にもダメージを与えるとしか考えられないです。肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、洗顔・保湿の二つです。洗顔に関する注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして顔の汚れを落としてちょーだい。



顔をきちんと濡らしてから、しっかりと泡たてた洗顔料をのせて、泡で洗顔するようしてみてちょーだい。
洗顔料がついたままにならないように、しっかりすすぐことも重要です。


自宅で簡単にできて、効果も期待できるシワ対策ならパックかも知れません。
一日のオワリにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす美容と精神の健康に、とても有益な時間です。

パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。


創り方はかんたんです。普通のプレーンタイプのヨーグルトに小麦粉を入れて、お好みの固さに調整し肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。

ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めてシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

乾燥肌の人の場合は、毛穴が小さくかつ硬いので、ちょっとでも皮脂があると目詰まりが起こります。乾燥している肌は、実はアブラっぽいお肌と同じようにニキビが発生しやすい環境なのです。
さらに肌のバリア機能がそのものが低下していることから外からの刺激に対し脆弱で、肌トラブルを起こしやすい環境でもあります。出来るだけニキビや肌トラブルを未然に防ぐためにも、正しいスキンケアして方がいいです。


シワができやすい肌質というのは確かにあります。

簡単に言うとそれは皮膚の薄さによるものです。


出来てしまった小皺が消えなくなってきたのに気づいたら、これまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみてちょーだい。乾燥している時期に肌がつっぱってくるようだと気をつけたほうが良いでしょう。水分蒸発を抑える表皮が薄いと表皮細胞の再生機能が弱まるため、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。
一気に老化が進んでしまうので、肌質に本当に合ったケアを考えてみるべきでしょう。

手裏剣


Copyright (C) 2014 コスメ女子のひとりごと All Rights Reserved.
巻物の端